読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「フレンズ」が人気なのでdアニメストアでの順位変動を調べてみる。

この1週間くらいで突然、様々なところで名前を見るようになった話題のアニメ「けものフレンズ」

1話放送後の時点ではお世辞にも話題作という雰囲気はありませんでしたが
このような盛り上がり方をするアニメもまた楽しくて良いですね。


さて、そんな「けものフレンズ」ですが
話題になっていると知ってから、今まで見ていなかったけど1話から見てみたいと思った人は多いはず。

そんなときに頼りになるのがネット配信。


公式配信としては都度課金のニコニコ動画(1話無料、2話以降は各話216円)や
Amazonビデオ(1話無料、2話以降は各話216円)の他にも
公式サイトにも記載してあるようにdアニメストアでも見放題配信(税込み月額432円)しております。

そして偶然にも手元にdアニメストアのウィークリーランキングの記録を保存していましたので
「けものフレンズ」の順位の変動を見てみました。

その結果が、以下のようになりました。

・2017年01月09日~01月15日

1位「政宗くんのリベンジ」
2位「斉木楠雄のΨ難
3位「ハンドシェイカー」
4位「うらら迷路帖
5位「ACCA13区監察課」

34位「けものフレンズ」

第1話の配信された週では34位スタート

・2017年01月16日~01月22日

1位「この素晴らしい世界に祝福を!2」
2位「政宗くんのリベンジ」
3位「小林さんちのメイドラゴン
4位「斉木楠雄のΨ難
5位「うらら迷路帖

39位「けものフレンズ」



・2017年01月23日~01月29日

1位「この素晴らしい世界に祝福を!2」
2位「政宗くんのリベンジ」
3位「小林さんちのメイドラゴン
4位「斉木楠雄のΨ難
5位「弱虫ペダル NEW GENERATION」

47位「けものフレンズ」



・2017年01月30日~02月05日

1位「この素晴らしい世界に祝福を!2」
2位「政宗くんのリベンジ」
3位「小林さんちのメイドラゴン
4位「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
5位「ガヴリール・ドロップアウト

40位「けものフレンズ」


4話までは30位台後半から40位台と1月アニメとしては少し出遅れた印象。
逆に「このすば2期」「政宗くんのリベンジ」
小林さんちのメイドラゴン」の安定感が目立ちます。


・2017年02月06日~02月12日

1位「この素晴らしい世界に祝福を!2」
2位「政宗くんのリベンジ」
3位「小林さんちのメイドラゴン
4位「けものフレンズ」
5位「アルドノア・ゼロ


しかし、5話配信週では一気に上位へ。

「このすば2期」「政宗くんのリベンジ」「小林さんちのメイドラゴン」に続く第4位にまで急上昇。
ネット上での異常なほどの盛り上がりを裏付ける大きな順位変動が確認できました。

2月12日付のデイリーランキングでは第2位にも入っており
さらなる上位も狙える位置にあります。

ちなみに5位に「アルドノア・ゼロ」が入っているのは2月3日に配信開始した影響と思われます。

すごーい!


・参考サイト
けものフレンズプロジェクト|公式サイト
アニメウィークリーランキング | dアニメストア

ロリポップシンフォニー「天使の3P!」、アニメ放送開始時期やキービジュアルを公開。サプライズ情報も!

f:id:kanro-neko:20161209201149j:plain


来年のテレビアニメ化が発表されている
電撃文庫原作の「天使の3P!(スリーピース)」について
放送開始時期が新たに発表されました。



天使の3P!」は電撃文庫原作のライトノベル
現在、原作は第8巻まで発売されています。

今年10月に開催されたイベント「電撃文庫 秋の祭典2016」では
テレビアニメ化も告知され、2017年放送開始予定とされていましたが
9日、詳しい放送開始時期が新たに発表されました。

今回発表された放送開始時期は「2017年夏」です。


2017年夏、つまり7月開始と言えば、
ロウきゅーぶ!」(2011年)も「ロウきゅーぶ!SS」(2013年)も7月開始アニメだったことが思い出されます。


そして新たにアニメイラスト版の作品キービジュアルも公開、
TVアニメ公式サイトのトップページに掲載されています。

キービジュアルには「一生懸命、奏でます♪」という
作品らしいワードも添えられていることが確認できます。


また、作品タイトルロゴについて
原作小説では「天使の/3P!」とスクエア型のデザインがされているのに対して、
TVアニメ公式サイトに掲載されているものは新たに横長のものになっています。

細かいデザインも原作小説やコミカライズ版に
使用されているものから雰囲気を踏襲しつつも新たなものとなっていて
原作では「の」の部分に天使の羽根のついたハートマークがくっついているのに対して
アニメ版ではエクスクラメーションマークの中にハートマークが取り込まれており
「スリーピース」の「ス」がハートの中に入っています。

その原作にあった天使の羽根付きのハートマークは
金城そらちゃんのドラムセットのバスドラムに残っているようです。

天使の3P!」という文字自体も
特徴的な「3P!」の形状を基本的に使いつつも、よりデザイン性の高いものへと変化しています。

小さく記載されている「Here comes the three angels」の文字は
全て大文字の「HERE COMES THE THREE ANGELS」へと少し変更されています。



そしてアニメ化よりも1年も前になる
2015年10月に発表されていたドラマCDについても情報がアップデートされました。

新たに発表されたジャケットイラストは原作イラスト担当のてぃんくるさん描き下ろしで、
五島潤、紅葉谷希美、金城そらのメイン3人の間違いなく可愛いパジャマ姿となっています。視線がかわいい。


ドラマCDの収録内容は、
「スリッパリー・ウェン・ウェット」
原作者である蒼山サグ氏の書き下ろしワナビースパイスガールズ
さらに「慧心女バスvsリトルウイング ロリコン審議委員会」の3本。

そうです、『慧心女バス』ということは
ロウきゅーぶ!」と「天使の3P!」の夢のコラボレーションドラマが収録されています!


出演キャストとして、主人公の響を含めた「天使の3P!」のメインキャラクター5人に加えて
ロウきゅーぶ!」の伝説のキャストの名前もしっかりと掲載。


・出演キャスト

五島 潤:大野柚布子
紅葉谷希美:遠藤ゆりか
金城そら:古賀 葵
貫井 響:井上雄貴
貫井くるみ:日高里菜

湊智花:花澤香菜
三沢真帆:井口裕香
永塚紗季:日笠陽子
香椎愛莉:日高里菜
袴田ひなた:小倉 唯
長谷川昴:梶裕貴
萩山 葵:伊藤かな恵



ロウきゅーぶ!SS」のTVアニメ放送終了後は
Blu-ray BOXや、原作小説、コミック、イラスト本などの販売はされたものの
出演声優が関わる作品はライブBlu-ray以来発売されておらず、
ロウきゅーぶ!」ファンにとっても3年以上ぶりの夢の再現となります。

可愛いヒロインたちの"ロリコン審議委員会"という文字列だけでも笑みが零れそうになりますが
昴と響の主人公同士の会話も面白そうですね。

同時に公開されているあらすじによると、
響と昴は目を覚ますと見覚えない場所で椅子に縛られていて
ロリコン審問にかけられるそうです。たのしそう。


ドラマCDにはこれら60分になる3本のドラマパートの他に、楽曲「BLUE TEARS」も収録。

これがユニット企画して最初に出る曲となり、
もしかすると正式なユニット名も同時期に発表されるかもしれません。

その他に原作の蒼山サグ氏による
書き下ろし短編ブックレットも封入されていることが案内されています。

ドラマCD「天使の3P!は、2017年4月10日発売予定で、
価格は税込み3,780円と案内されています。

・公式サイト
 TVアニメ『天使の3P!(スリーピース)』公式サイト

Re:Dive 早くも「プリンセスコネクト」復活するらしい。

f:id:kanro-neko:20160822003420p:plain


「プリンセスコネクト」(プリコネ)といえば
7月いっぱいをもってサービスを終了したスマートフォン向けゲームですが、
その「プリコネ」が早くも復活するとの情報が入って来て動揺してます。

これは「Cygames NEXT 2016」にて発表されました。
(イベントでは馬の被り物の中の人だったらしいCygames木村氏も登壇)


「プリンセスコネクト」について

「プリコネ」は2015年2月にアメーバスマホで配信されたスマートフォン向けゲームで、
開発についてはCygamesが担当していました。

言うまでもなくCygamesはサイバーエージェント(CA)のグループ会社であり
アメーバもCAの事業であることから相当力の入ったゲーム展開をするのかと思いきや
サービス開始から11ヶ月後にサービス終了を予告、
予定より1ヶ月延長して2016年7月末を持ってサービス終了しました。

サービス終了までの経緯や、個人的に思ったことは"こちら"にまとめてありますが
とにかく残念だったのを覚えています。

ストーリーは最後まで公開すると運営側から案内がありましたので
私もサービス終了日直前にあわせて全メイン及びサブストーリーを読了しました。



「Re:Dive」


それから1ヶ月も経たない、8月21日。
Cygamesのイベントでなんと「プリコネ」が復活するとの情報が発表されました。

正式タイトルは「プリンセスコネクト Re;Dive」

 プリンセスコネクト!Re:Dive 公式サイト | Cygames


「Re:Dive」というのはゲームにちなんだ言葉で。
「プリコネ」の作品の中心となるVRゲーム「アストルム」に
ログインするときの合言葉が「ダイブ・アストルム!」だったのです。


公開されたばかりの公式サイトには
iOS/Google Playで配信予定!」とハッキリ書いてあることから
従来の「プリコネ」のようなブラウザゲームではなく、
ネイティブアプリとしてCygamesが中心となってリリースするようです。


開発側によりますと、「Re:Dive」は前作「プリンセスコネクト」の続編にあたり、
その前作で登場したキャラクターは全て登場。さらに新たなキャラクターも追加されるとのこと。

公開されたばかりの公式サイトにも紹介されていますが
ペコリーヌ(CV.M・A・O)、キャル(CV.立花理香)、コッコロ(CV.伊藤美来)の新キャラがまずは登場するようです。



このうちペコリーヌについては、前作「プリンセスコネクト」を最後までプレイした方ならきっと見覚えがあると思いますが
最終章クリア後に見られるサブストーリーのラストシーンで登場し、主人公とゲーム内で出会った始めたばかりの初心者プレーヤーと同じなのです。

その時は名前は明らかにされておらず、次に繋がるようなシナリオだったのでまさか…とは思いましたが
こんな形で1ヶ月もしないうちに再会するとは思いませんでした。


f:id:kanro-neko:20160821224824p:plain
△「プリンセスコネクト」のラストシーン。


ただ「プリンセスコネクト」自体については、サービス終了が決まった数カ月後に
突然、全4話のウェブノベルが連載されるなど通常は終了が決まった作品ではありえないような不自然な動きもありました。


発表イベントでは、新キャラのキャスト3人(M・A・O伊藤美来立花理香)に
それぞれのキャラクターのコスプレをして登壇させており。
前作のニコ生配信に負けないくらい作品の売りの1つであるキャストを前面に出していこうとしているようです。
(どうせなら種田梨沙さんにもユイのコスプレをして頂きたかった!)




ゲームのシナリオについては、「ささみさん@がんばらない」の原作者でもある日日日氏を起用。
前作の設定などは踏襲、さらには舞台設定も同じだと名言されていたので
世界観の繋がりという点についてはさほど心配する必要は今のところ無さそうです。

ただ、前作「プリコネ」でメインヒロイン3キャラだったユイ、レイ、ヒヨリから
新キャラのペコリーヌ、キャル、コッコロにメインが移るようです。
その辺りは少し残念な気持ちもあります。

扱いとしては、ペコリーヌたち3人と
ユイ、レイ、ヒヨリは別ギルドに所属するキャラクターになるとのこと。

前作の主要キャラの1人でキャラクターとしても中の人(相坂優歌)としても
作品の功労者でもあるナビ妖精の「フィオ」については言及がありませんでしたが
相坂くんは長妻樹里さんと一緒に2人で本当に頑張っていたので
「Re:Dive」でもしっかりフィオを登場させてあげて欲しいです。

コッコロについては「前作に出てきたキャラクターの妹」、との気になる情報も明らかに。


前作同様に初期からキャストが歌う主題歌が用意されており
「Re:Dive」では新キャラであり主要キャストの、M・A・O伊藤美来立花理香の3人が歌います。


ゲームジャンルは「アニメRPG」としており
プロモーション映像を含め「進撃の巨人」や「ローリングガールズ」、
甲鉄城のカバネリ」でお馴染みのWIT STUDIOがアニメを担当しています。

「アニメRPG」と言うだけあって作品中にもアニメーションが多く取り入れられているらしく
表現力の大幅アップに期待がされる一方で
前作よりも製作コストも大幅アップされているものと予想されます。大丈夫ですよね?


今回、「Re:Dive」の発表に合わせて
「サイコミ」というコミック配信サイトにて「Re:Dive」のプレリュードストーリーにあたる
コミック作品が配信されることが発表されました。すぐに配信されるそうです。


「プリンセスコネクト Re:Dive」のサービス開始時期は未定としていますが
2017年予定とのことです。


前作では展開に力を入れていたのにサービス終了が早く、しかも中途半端な形で失望した部分も多かっただけに
本当に大丈夫なのか?と心配な部分もありますが
「Re:Dive」のPVの冒頭でユイ(CV.種田梨沙)の声で「また会えたね。騎士クン。」と聞いた時は嬉しかったのも事実。

サービス開始前から終了まで見届けたからには
新作にも前向きに期待をしながら付き合っていけたらと思います。


そして前作のIPを引き継いだのであれば
「Re:Dive」の配信に向けて今度こそ評価の高かった前作の主題歌を
このまま消えてしまうのは本当にもったいないので配信して欲しいと改めて強く希望します。



・関連リンク
プリンセスコネクト!Re:Dive 公式サイト | Cygames


Cygames NEXT 2016 - 2016/08/21 17:00開始 - ニコニコ生放送
※「プリンセスコネクト Re:Dive」に触れるのは約1時間30分頃から


アプリ『プリンセスコネクト』の続編タイトルが発表。日日日さんがメインシナリオを担当 - 電撃App
『プリンセスコネクト』の続編『プリンセス コネクト! Re:Dive』が発表! - ファミ通.com

kuroneko.hatenablog.com

「はいふり」に思うアニメのサプライズ演出と時差問題。


4月に入り新しい春アニメの放送も次々と始まっています。
その数々のアニメの中でも今回は「はいふり」について。
(※以下、第1話のネタバレが一部含まれます。)


最近では「がっこうぐらし」に代表されるように
可愛いキャラデザやアニメ公式サイトなどで平和な日常アニメのように見せかけて
第1話のラストで、実はそんな軽い話じゃない!という、ネタばらしをするサプライズ的な演出が用いられることがあります。


4月に放送が始まった「はいふり」でも同様の手法が使われ、
アニメ本編の終盤でいきなり主人公たちの乗った艦が砲弾で狙われたり
さらには反乱者として扱われたりという冒頭の雰囲気とは違う大きな展開を見せ、
エンディング中で本当のアニメタイトルが「はいふり」ではなく、
「ハイスクール・フリート」であることが明かされるサプライズ的な演出がされました。


TOKYO MXなど3局での第1話の放送終了直後には
早速アニメ公式サイト、公式ツイッターで作品タイトルを「はいふり」から「ハイスクール・フリート」表記への変更を実施。

一気に話題性を狙って作品を盛り上げていこうという戦略だと思われるのですが
気になるのはまだ放送されていないテレビ局が複数あること。



最速で放送されたのは地上波ではTOKYO MXとちぎテレビ群馬テレビの関東エリア3局のみで
その他の、関西圏のサンテレビKBS京都はもちろん、
テレビ愛知テレビ北海道TVQ九州放送は2日から3日遅れの放送です。
*1


最速でアニメを見た一般の視聴者が感想を書くのは普通なのですが、
公式側が、放送前エリアの視聴者が閲覧されることが容易に予想できる公式サイトやツイッター
先に「公式ネタバレ」をしてしまうのは
放送前のエリアの視聴者にとってサプライズ的な演出の(多くが)不発に終わるだけではなく、
第1話のラストを見ていてどこか盛り上がりたいのに冷めた気持ちになってしまうのが少し残念です。

*2


もちろん今回サプライズされた部分は"致命的"な部分ではなく絶対的に悪いとは言えないのですが、
放送を見ていてどこか勿体無い気持ちになってしまいました・・・。

今後、他の作品で今度は"致命的な"要素で
同様のことが起こらない事を祈るばかりです。


それはそうと「ハイスクール・フリート」は可愛いキャラが多いのが素晴らしいですね!

特にマロンちゃんのデザインが良いです。
慧ちゃんも可愛い!


・関連リンク
 TVアニメ「ハイスクール・フリート」公式サイト

*1:例に挙げた「がっこうぐらし」では、TOKYO MXサンテレビBS11AT-Xが全局同日放送でした。
追記:公式サイトが更新されたのはTOKYO MX放送終了の直後だそうです。

*2:iOSAndroid向けに配信されている「はいふり公式あぷり」では、
公式サイトや公式ツイッターで放送直後などにアプリ内のコンテンツを開放する「あいことば」を掲載しており、
これもあって関東エリア外の人も多くフォローや放送直後のツイートの確認をされたことと予想されます。

アニソン分野強化へ。ミュージッククリップの配信が始まったdアニメストアをチェックしてみる。

f:id:kanro-neko:20160323202907p:plain


ドコモとKADOKAWAが提供するアニメに特化した
サブスクリプション型VODサービス「dアニメストア」
3月22日に記者会見にて新たに「ミュージッククリップ」の配信を翌日23日より開始することを発表しました。

プレスリリースやそれを元にした各社の記事では
映像はアーティスト本人が出演しているミュージックビデオやノンテロップ版を含むアニメ映像など
最初のミュージッククリップ配信数は約180曲。

作品例として8曲ほどのタイトルが挙げられていますが
どのような配信をされているのが簡単にチェックしてみたいと思います。


・公式サイト
 dアニメストア


ちなみに作品例として挙げられている8曲は次の通り。

Daydream cafe/Petit Rabbit's (ご注文はうさぎですか?
X-encounter/黒崎真音 (東京レイヴンズ
紅蓮の弓矢/Linked Horizon (進撃の巨人
シドニア/angela (シドニアの騎士
炎のさだめ/TETSU (装甲騎兵ボトムズ
ケロッ!とマーチ角田信朗&いはたじゅり (ケロロ軍曹
冒険でしょでしょ?平野綾 (涼宮ハルヒの憂鬱
ヒャダインのカカカタ☆カタオモイ-C/ヒャダイン (日常)




配信ページと視聴方法について

まず、配信や視聴方法としては
既存のアニメの仕組みをほぼそのまま利用しているようです。

そのため、マイページの視聴履歴には
アニメ作品と同様にミュージッククリップが並びます。

ミュージッククリップは長くても5分程度なので次々と視聴しやしのですが
気づいたら視聴履歴ページがミュージッククリップで埋まってしまい
途中の話数まで見ていたアニメ作品が下の方に埋もれるということにも。

配信画質はアニメと同様に、
「ふつう」「きれい」「すごくきれい」「HD画質」から選ぶことが出来ます。

ミュージッククリップのページでは
「アーティスト名」や「曲名」の他に、
その曲が使用されている「アニメ作品名」や作詞作曲など製作者に関する情報も記載されています。
もちろんページ内にはdアニメストア内のアニメ視聴ページへ直接飛べるリンクも有ります。



配信されているミュージッククリップのラインナップは?

では初日から配信されている約180とされる
ミュージッククリップを少しずつ確認してみましょう。

チェックをしながら試しに数曲ほど視聴してみて
気づいたことも書いてあります。


(※印:約90秒程度のいわゆるTVサイズ、ショートバージョン)

「紅蓮の弓矢/Linked Horizon」(進撃の巨人
「sister's noise/fripSide」(とある科学の超電磁砲S
Shangri-La/angela」(蒼穹のファフナー
「Beat your Heart/鈴木このみ」(ブブキ・ブランキ)
「PSI-missing/川田まみ」(とある魔術の禁書目録
「X-encounter/黒崎真音」(東京レイヴンズ)※
「黄昏のスタアライト/南條愛乃」(グリザイアの楽園)
「シドニア/angela」(シドニアの騎士
パララックス・ビュー/上坂すみれ」(鬼灯の冷徹)
silky heart/堀江由衣」(とらドラ!

少し前の懐かしい作品から
比較的最近に放送されたアニメの主題歌など範囲が広いです。

注目は今回のサービス拡充の記者会見にも出演した黒崎真音さんの歌う「X-encounter」です。
こちらは「再生時間 1分31秒」とTVサイズになっています。

創傷イノセンス/内田真礼」(悪魔のリドル
「ZERO!!/栗林みな実」(はたらく魔王さま!
「あすなろ/鈴村健一」(神様のメモ帳
「暁の車/FictionJunction YUUKA」(機動戦士ガンダムSEED
「炎のさだめ/TETSU」(装甲騎兵ボトムズ
「冒険でしょでしょ?/平野綾」(涼宮ハルヒの憂鬱
「静かな夜に/ラクス・クライン田中理恵)」(機動戦士ガンダムSEED
「水の証/ラクス・クライン田中理恵)」(機動戦士ガンダムSEED
「あんなに一緒だったのに 2006/See-Saw」(機動戦士ガンダムSEED
「あんなに一緒だったのに/See-Saw」(機動戦士ガンダムSEED

主に「SEED」ですがガンダム関連の曲が増えてきました。
オープニング・エンディング主題歌だけではなく、アスラクライン名義のいわゆるキャラソンもあります。

「勇侠青春謳/ALI PROJECT」(コードギアス 反逆のルルーシュ
「ケロッ!とマーチ/角田信朗&いはたじゅり」(ケロロ軍曹
「アフロ軍曹/ダンス☆マン」(ケロロ軍曹
「THE REAL FOLK BLUES/山根麻衣」(カウボーイビバップ)※
「Tank!/シートベルツ」(カウボーイビバップ
「夢色チェイサー/鮎川麻弥」(機甲戦記ドラグナー)※
「イリュージョンをさがして/鮎川麻弥」(機甲戦記ドラグナー)※
「地球 (ペコポン)侵略音頭/オンド☆ガール」(ケロロ軍曹)※
ケロロ小隊公認!熱烈歓迎的えかきうた!! (ドロロ)/ケロロ・オールスターズ」(ケロロ軍曹)※
ケロロ小隊公認!熱烈歓迎的えかきうた!! (タママ)/ケロロ・オールスターズ」(ケロロ軍曹)※
ケロロ小隊公認!熱烈歓迎的えかきうた!! (ケロロ)/ケロロ・オールスターズ」(ケロロ軍曹)※
ケロロ小隊公認!熱烈歓迎的えかきうた!! (クルル)/ケロロ・オールスターズ」(ケロロ軍曹)※
ケロロ小隊公認!熱烈歓迎的えかきうた!! (ギロロ)/ケロロ・オールスターズ」(ケロロ軍曹)※
「輝け!!ダグオン/Nieve」(勇者指令ダグオン)※
「悠久の旅人~Dear boy/Snow*」(アイドルマスター XENOGLOSSIA)※
「残酷よ希望となれ/結城アイラ」(アイドルマスター XENOGLOSSIA)※
「微熱S.O.S!!/橋本みゆき」(アイドルマスター XENOGLOSSIA)※
「君が笑む夕暮れ/南條愛乃」(東京レイヴンズ
「radiance/川田まみ」(スターシップ・オペレーターズ

「masterpiece/川田まみ」(とある魔術の禁書目録
「No buts!/川田まみ」(とある魔術の禁書目録II
「See visionS/川田まみ」(とある魔術の禁書目録II
「緋色の空/川田まみ」(灼眼のシャナ
「JOINT/川田まみ」(灼眼のシャナII
「Prophecy/川田まみ」(灼眼のシャナS)
「Break a spell/川田まみ」(東京レイヴンズ
「あなたがいた森/樹海」(Fate/stay night
「Shining stars bless☆/詩月カオリ」(ななついろ★ドロップス
「ハーモナイズ・クローバー/黒崎真音」(がっこうぐらし!)
「Magic∞world/黒崎真音」(とある魔術の禁書目録II
「メモリーズ・ラスト/黒崎真音」(とある魔術の禁書目録II
「黎鳴 -reimei-/黒崎真音」(薄桜鬼 黎明録)
「トコハナ/やなぎなぎ」(ブラック・ブレット
アクアテラリウム/やなぎなぎ」(凪のあすから
「三つ葉の結びめ/やなぎなぎ」(凪のあすから
disillusion/タイナカサチ」(Fate/stay night
「きらめく涙は星に/タイナカサチ」(Fate/stay night
「最高の片想い/タイナカサチ」(彩雲国物語

「sign/Ray」(あの夏で待ってる
「初めてガールズ!/Ray」(わかば*ガール)
「lull~そして僕らは~/Ray」(凪のあすから
ebb and flow/Ray」(凪のあすから
「Daydream cafe/Petit Rabbit's(佐倉綾音水瀬いのり種田梨沙佐藤聡美内田真礼)」(ご注文はうさぎですか?
「地に還る ~on the Earth~/KOTOKO」(スターシップ・オペレーターズ
「being/KOTOKO」(灼眼のシャナ
「BLAZE/KOTOKO」(灼眼のシャナII
「Rimless~フチナシノセカイ~/IKU」(とある魔術の禁書目録
「誓い言~スコシだけもう一度~/IKU」(とある魔術の禁書目録

サービス拡充の記者会見でも大きく取り上げられていた
ご注文はうさぎですか?」主題歌はミュージックビデオをフルサイズで配信。

「DREAMER/Gero」(スタミュ)
「~Outgrow~/Gero」(東京レイヴンズ
only my railgun/fripSide」(とある科学の超電磁砲
「LEVEL5-judgelight-/fripSide」(とある科学の超電磁砲
eternal reality/fripSide」(とある科学の超電磁砲S
「black bullet/fripSide」(ブラック・ブレット
「ふ・れ・ん・ど・し・た・い/学園生活部(水瀬いのり、小澤亜李、M・A・O、高橋李依)」(がっこうぐらし!)
Dear My Friend-まだ見ぬ未来へ-/ELISA」(とある科学の超電磁砲
「きみを探しに/南條愛乃」(グリザイアの楽園)
「楽園の翼/黒崎真音」(グリザイアの果実)
「刹那の果実/黒崎真音」(グリザイアの楽園)
「あなたの愛した世界/南條愛乃」(グリザイアの果実)
True Blue Traveler/栗林みな実」(IS<インフィニット・ストラトス>2)
Paradise Lost/茅原実里」(喰霊-零-
「Zzz/佐咲紗花」(日常)

「ツマビクヒトリ/nano.RIPE」(はたらく魔王さま!
「空想メソロギヰ/妖精帝國」(未来日記
「filament/妖精帝國」(未来日記
「Breakthrough/JAM Project」(ノブナガ・ザ・フール
「Believe in my existence/JAM Project」(カードファイト!! ヴァンガード)
「いつもあなたが/TETSU」(装甲騎兵ボトムズ
「乙女はDO MY BESTでしょ?/菊地美香&小清水亜美」(舞-乙HiME
Dream☆Wing/栗林みな実」(舞-乙HiME
Crystal Energy/栗林みな実」(舞-乙HiME
君が空だった/美郷あき」(舞-HiME
Shining☆Days/栗林みな実」(舞-HiME
「約束はいらない/坂本真綾」(天空のエスカフローネ
「ともだち/坂本真綾」(天空のエスカフローネ
明日へのbrilliant road/angela」(宇宙のステルヴィア
「DEAD SET/angela」(蒼穹のファフナー RIGHT OF LEFT
「Peace of mind/angela」(蒼穹のファフナー RIGHT OF LEFT
「gravitation/angela」(ヒロイック・エイジ
「Spiral/angela」(アスラクライン
「オルタナティヴ/angela」(アスラクライン2
「蒼い春/angela」(生徒会役員共
「蒼穹/angela」(蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH
「KINGS/angela」(K)
「騎士行進曲/angela」(シドニアの騎士 第九惑星戦役)

angelaの楽曲が多いです。

「バニラソルト/堀江由衣」(とらドラ!
スクランブル/堀江由衣」(スクールランブル
「げんし、女子は、たいようだった。/上坂すみれ」(げんしけん二代目
「七つの海よりキミの海/上坂すみれ」(波打際のむろみさん
閻魔大王に訊いてごらん/上坂すみれ」(鬼灯の冷徹)
「Inner Urge/上坂すみれ」(下ネタという概念が存在しない退屈な世界
インモラリスト/堀江由衣」(ドラゴンクライシス!
「PRESENTER/堀江由衣」(DOG DAYS)
「Coloring/堀江由衣」(パパのいうことを聞きなさい!
「夏の約束/堀江由衣」(DOG DAYS')
「Golden Time/堀江由衣」(ゴールデンタイム)
「The World’s End/堀江由衣」(ゴールデンタイム)
「Stay With Me/堀江由衣」(DOG DAYS″)
「アシンメトリー/堀江由衣」(K RETURN OF KINGS)
「Stand Up!/堀江由衣」(スマートフォンゲーム「白猫プロジェクト」)
「Love Destiny/堀江由衣」(シスター・プリンセス
「キラリ☆宝物/堀江由衣」(ラブひな Again)
「ALL MY LOVE/堀江由衣」(陸上防衛隊まおちゃん
「心晴れて 夜も明けて/堀江由衣」(十兵衛ちゃん2-シベリア柳生の逆襲-)
「ヒカリ/堀江由衣」(いぬかみっ!
「Days/堀江由衣」(ながされて藍蘭島
「恋する天気図/堀江由衣」(ながされて藍蘭島
「YAHHO!!/堀江由衣」(かなめも
「I my me/堀江由衣」(とらドラジオ!
「ポーカーフェイス/ミス・モノクローム」(ミス・モノクローム-The Animation-)

「革命的ブロードウェイ主義者同盟/上坂すみれ」(1stアルバム「革命的ブロードウェイ主義者同盟」)
「来たれ!暁の同志/上坂すみれ」(2nd「20世紀の逆襲」)
「テトリアシトリ/上坂すみれ」(1stアルバム「革命的ブロードウェイ主義者同盟」)
「CHILDISH LOVE WORLD/堀江由衣」(8thアルバム「秘密」)
「桜/堀江由衣」(1stアルバム「水たまりに映るセカイ」)
この指とまれ/堀江由衣」(2ndアルバム「黒猫と月気球をめぐる冒険」)
「お気に入りの自転車/堀江由衣」(3thアルバム「SKY」)
「笑顔の連鎖/堀江由衣」(4thアルバム「楽園」)
「マッシュルームマーチ/堀江由衣」(5thアルバム「嘘つきアリスとくじら号をめぐる冒険」)
「ずっと/堀江由衣」(6thアルバム「Darling」)
「Love countdown/堀江由衣」(7thアルバム「HONEY JET!!」)
「JET!!/堀江由衣」(7thアルバム「HONEY JET!!」)

シスプリ」や「いぬかみっ!」など少し懐かしいものから
DOG DAYS」や「ゴールデンタイム」など比較的最近のものまで堀江由衣の楽曲も数多く配信。

君が夢を連れてきた/ペットな彼女たち」(さくら荘のペットな彼女
DAYS of DASH/鈴木このみ」(さくら荘のペットな彼女
「Anicca/原田ひとみ」(機巧少女は傷つかない
「回レ!雪月花/歌組雪月花」(機巧少女は傷つかない
「This game/鈴木このみ」(ノーゲーム・ノーライフ
オラシオン/白」(ノーゲーム・ノーライフ
「君じゃなきゃダメみたい/オーイシマサヨシ」(月刊少女野崎くん
「ウラオモテフォーチュン/佐倉千代」(月刊少女野崎くん
「共鳴のTrue Force/原田ひとみ」(精霊使いの剣舞
「精霊剣舞祭/にーそっくすす」(精霊使いの剣舞

精霊使いの剣舞」や「機巧少女は傷つかない」などは
アニメ本編の配信にあわせてミュージッククリップも配信開始されています。

「銀閃の風/鈴木このみ」(魔弾の王と戦姫)
「Absolute Soul/鈴木このみ」(アブソリュート・デュオ)
「Believe × Believe/ユリエ=シグトゥーナ、リーリス=ブリストル穂高みやび、橘巴」(アブソリュート・デュオ)
「あの森で待ってる/ボンジュール鈴木」(ユリ熊嵐
「TERRITORY/百合城銀子、百合ヶ咲るる、椿輝紅羽」(ユリ熊嵐
「Clattanoia/OxT」(オーバーロード
「L.L.L./MYTH & ROID」(オーバーロード
Overdrive/原田ひとみ」(ヴァルキリードライヴ マーメイド)
「スーパーウルトラハイパーミラクルロマンチック/敷島魅零&処女まもり」(ヴァルキリードライヴ マーメイド)
「ANGER/ANGER/MYTH & ROID」(ブブキ・ブランキ)

「アブソリュート・デュオ」オープニング主題歌の「Absolute Soul」は配信サイズはフルですが
前半の約90秒はアニメOP映像、後半はアニメ本編の1話からの映像を使用したものになっています。

「君+謎+私でJUMP!!/Larval Stage Planning」(バカとテストと召喚獣にっ!
エウレカベイビー/麻生夏子」(バカとテストと召喚獣にっ!
「BLESS YoUr NAME/ChouCho」(ハイスクールDxD BorN (第3期))
「ギブミー・シークレット/StylipS」(ハイスクールDxD BorN (第3期))
「なないろびより/nano.RIPE」(のんのんびより
「のんのん日和/宮内れんげ、一条蛍、越谷夏海、越谷小鞠」(のんのんびより
「こだまことだま/nano.RIPE」(のんのんびより りぴーと)
「おかえり/宮内れんげ、一条蛍、越谷夏海、越谷小鞠」(のんのんびより りぴーと)
ヒャダインのカカカタ☆カタオモイ-C/ヒャダイン」(日常)
ヒャダインのじょーじょーゆーじょー/ヒャダイン」(日常)
Super Driver/平野綾」(涼宮ハルヒの憂鬱
「LISTEN TO THE STEREO!!/GOING UNDER GROUND」(家庭教師ヒットマンREBORN!
「starlog/ChouCho」(Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ
「God knows/涼宮ハルヒ」(涼宮ハルヒの憂鬱
「それが、愛でしょう/下川みくに」(フルメタル・パニック? ふもっふ)
「止マレ!/平野綾茅原実里後藤邑子」(涼宮ハルヒの憂鬱
「南風/下川みくに」(フルメタル・パニック! The Second Raid

デート・ア・ライブ/sweet ARMS」(デート・ア・ライブ
「STRIKE WITCHES ~わたしにできること~」(ストライクウィッチーズ
「Alone/下川みくに」(幻想魔伝 最遊記
「Trust in you/sweet ARMS」(デート・ア・ライブII)
「BOYS & GIRLS/LM.C」(家庭教師ヒットマンREBORN!
「Drawing days/SPLAY」(家庭教師ヒットマンREBORN!
「STRIKE WITCHES 2 ~笑顔の魔法~」(ストライクウィッチーズ2
「Echo again/SPLAY」(家庭教師ヒットマンREBORN!
「ガーネット/奥華子」(劇場版時をかける少女
「Blade of Hope/sweet ARMS」(新妹魔王の契約者(テスタメント))
「DIVE TO WORLD/CHERRYBLOSSOM」(家庭教師ヒットマンREBORN!
「☆Rock the LM.C☆/LM.C」(RED GARDEN
「OH MY JULIET./LM.C」(RED GARDEN
「私だけの物語/ミス・モノクローム」(ミス・モノクローム -The Animation- 2)

「それが声優!/イヤホンズ」(それが声優!)
「光の先へ/イヤホンズ」(それが声優!)※
「Be My Friend/隣人部」(僕は友達が少ないNEXT
「僕らの翼/隣人部」(僕は友達が少ないNEXT
「ミライファンファーレ/流川ガールズ」(普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。)
「未来少女たち/流川ガールズ」(普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。)
「魚心くんソング/流川ガールズ」(普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。)
「あぁ流川/流川ガールズ」(普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。)

「ろこどる」は主題歌だけではなく
「魚心くんソング」や「あぁ流川/流川ガールズ」までフルサイズで配信。

以上、ミュージッククリップ配信数は全部で202曲でした。



dアニメストアと音楽、要望と期待

元々あるアニメ配信ページをベースにしてあるので
ミュージッククリップを視聴するフローは難しくないのですが
やはりマイページ内の視聴履歴でアニメとミュージッククリップが混在するのは見づらいので別タブで分けて欲しい。

さらにアニメ作品を探す時に利用されることが多い「全アニメ一覧」ページ(Link)にまで
今回配信開始された「ミュージッククリップ」が混ざっているためとても見づらくなり、正直言って邪魔。
アニメ作品が探しづらくなるために早急な改善を期待したいです。


1曲あたり長くて5分程度、短ければ90秒ほどなので
現状では1曲再生が終わるごとに次の曲を選ばなくてはならないのは不便。
2016年夏頃に予定されている
「バックグラウンド再生」「プレイリスト再生」の実装は快適にサービスを使う上では必須でしょう。


また今回は映像とのセット、つまりミュージッククリップでのアニメソングの強化となりましたが
これが上手く行き、なかなか日本で使いたいと思えるサービスがないサブスクリプション型の音楽配信サービスで
アニメソングに特化したものが提供できるような環境が整っていくと面白いかもしれません。


・関連サイト
 dアニメストア
 報道発表資料 : 「dアニメストア」のサービス内容を拡充 | お知らせ | NTTドコモ
 株式会社ドコモ・アニメストア

 dアニメストアがアニソン動画配信。Chrome/Edge対応やアニメイト連携 - AV Watch
 電撃 - dアニメストアのサービス拡充でアニソンミュージッククリップ約180曲が視聴可能に!

アイカツ!から「アイカツスターズ!」へ! データカードダスの進化を確認してみる。

f:id:kanro-neko:20160227195127j:plain


現在稼働中の「アイカツ! 2016シリーズ第3弾」では
オールアイドル、オールブランドを売りにしていることから
多くのアイカツ!ファンが予感していたように
3年以上続いた「アイカツ!」の集大成となり、
このたび新たな「アイカツスターズ!」が発表されました。

アイカツスターズ!」はこれまでと同じようにデータカードダス(DCD)と
TVアニメの両輪で展開するコンテンツとなりますが
今回はデータカードダス(DCD)についてチェックしてみます。

筐体(アイカツ!マシン)の全面リニューアル

まずはDCD筐体の刷新について。

まず新しくなる筐体を見てインパクトがあるのが大型の縦型ディスプレイです。
これは「アイカツ!」最大のライバル作品といえる「プリパラ」でも採用されていたもので
DCD筐体とプリパラが同じゲームセンター等で並んでいるとどうしても見劣りしてしまうために
どうしてもディスプレイの大型化は採用せざるを得ないポイントだったのでしょう。

また、「プリパラ」の最大の特徴の1つでもあるオンデマンド印刷を使った
その場でカードにオリジナルの絵柄を印刷できるシステムも採用。

この2点は特にプリパラを強く意識したものとも考えられます。

ただしプレーヤーを映すカメラ撮影機能は搭載されていません。
印刷したカードが切り離せるスナップオフも特に記載がないので採用されていないようです。

プリパラの筐体よりも先を見据えたポイントとしてゃ
大型ディスプレイの下にタッチパネル対応ディスプレイを別に搭載しているところでしょうか。

これは重大の3つのボタンに加えてライブ中に使用するもので
現在公開されている情報によるとスペシャルアピールの時に使うのがメインのようですが
従来の筐体では面倒だった文字や生年月日などの入力作業や
マイキャラのカスタマイズがより直感的、短時間に行えるなどのメリットも考えられます。

メインターゲットである今の子供達はタッチパネルに慣れているので
操作に困るといったことも少ないでしょう。


新しいアイカツ!カードと今までのアイカツ!カード

「芸能人はカードが命」のキャッチコピーの
アイカツ!」での必須アイテム「アイカツ!カード」もリニューアルされます。

アイカツ!カードは従来の裏面に印刷されたバーコード方式から
より大容量の情報が書き込めるQRコードを表面に印刷したものへと変更されます。

ドレスそのものも自分でカスタマイズ出来るようになっており
さらに直前のステージで撮影したシーンを使った
オリジナルのアイカツ!カードをオンデマンド印刷によって作成することが可能になりました。

ステージ撮影を利用したオリジナルカードは通常のアイカツ!カードの2倍のサイズがあるとのことで
プリチケに対するドリチケのようなイメージでしょうか。
どちらもQRコードが印刷されています。


従来の「アイカツ!カード」については
しっかりと後方互換性が確保されているのは嬉しいポイントです。

子どもたちが何年もかけて少しずつ集めたカードが
一瞬にして無駄にならないのは大人が考える以上に金銭的なもの以外でも非常に大事な部分であり、
そこをしっかりフォローしてあるのは安心しました。

アイカツ!カードと、従来のアイカツ!カードの違いはQRコードとバーコードだけなので
読み取り装置やソフトウェア自体は共有化も比較的容易で、対応コストが低いのもポイントなのでしょう。


学生証もより手軽に使えるように

DCD「アイカツ!」では自分のプレイデータを保存するには
専用のICカードを別途購入して用意する必要がありました。

設置場所によっては筐体の近くで購入することも可能ですが
スターライト学園のデザインのICカードが欲しい場合など
基本的にはおもちゃ屋などで自分で事前に購入しておく必要があるので
初めてプレイするときのハードルの1つになっていました。

DCD「アイカツスターズ!」ではこの問題を
筐体(アイカツ!マシン)でその場で作成することが可能になったことで解決。

ここでもオンデマンド印刷を活用して学生証にはマイキャラの名前も印字されます。
こちらもどうやらQRコードで管理されているようなので
従来のICカードで気をつける必要があった磁気による破損の心配がありません。

また、従来のICカードからの引き継ぎ特典も用意されるとのこと。
実質、スターライト学園から四ツ星学園への転校手続きですね・・・



こうしてみてみると時代遅れになっていたデータカードダスの筐体を刷新しつつ
ライバル「プリパラ」で人気の機能をキャッチアップしながら、タッチパネルを搭載するなど進化。
従来のアイカツ!で集めたカードとの互換性も確保するなど、
欠点を克服し、時代に合わせた正当な進化を果たしたようです。

実際にプレイしてみるまで最終的な評価は出来ませんが
データカードダスアイカツスターズ!」は比較的ポジティブに受け入れられそうな気がします。

稼働開始は5月です。



現在、DCD「アイカツスターズ!」では
「マイページで入学☆キャンペーン」を実施中。

期間中(2月27日~6月30日)にマイページに登録すると
第1弾プレイ時の経験値ボーナスが加算される他に
マイキャラ用のカスタマイズパーツ、
さらには(全部で100円が3枚ほど必要ですが…)ひめちゃんのスクールドレスが貰えるなど
なかなかのプレゼント特典が用意されているようです。

従来は「アイドルック」と呼んでいたものが
シンプルに「マイページ」になるようですが、今回からは登録にバンダイナムコIDが必要になっています。


大事なポイントとして、
「マイページ」で「アイドルック」と連携することにより
「アイドルック」のサービスが終了しても
これまでのデータが閲覧できる「アーカイブページ」が作られます。

そのため、今までアイカツ!を楽しんできたユーザーにとっては
とりあえず忘れないうちに事前登録だけはしておいた方が良さそうです。

・公式サイト
 データカードダス アイカツ!

プリコネのサービス終了告知とソーシャルゲーム

アメーバとCygamesのソーシャルゲーム
「プリンセスコネクト」(プリコネ)の半年後のサービス終了が正式発表されました。


2015年2月にサービス開始した「プリコネ」。
全キャラクターにボイスが付いていて、
それぞれのキャラにはショートストーリーも用意され、
そして何よりキャラクターデザインの可愛さでは一定の評価をされていました。

サービス開始後の早い段階でオリジナルの主題歌が使われたアニメ映像のPVも公開、
ゲーム中では「アイドルマスターシンデレラガールズ」(デレマス)とのコラボも実施し、
TVアニメのデレマス放送中にCMを打つなどの展開もしていました。




ニコニコ生放送「優歌と樹里のプリンセスチャンネル」(2015年5月開始)では収録番組ながらも
人気の声優である相坂優歌と長妻樹里と2人をパーソナリティに毎週30分ほどの番組を配信。
ゲストも何度か呼んでいたり公開収録イベントも複数回実施されました。

初回から最後まで続けたオープニングでの
ゲストをも巻き込んだ人形劇の形式でのキャラクター寸劇は印象的です。

番組では1度だけでしたがロケも行い、
メインパーソナリティの2人でゲームセンターで遊んだりお化け屋敷に入ったりと
他のニコ生でもなかなか見ることの出来ないような楽しいものでした。

そのニコ生の雲行きが怪しくなったのが10月。
今回の配信をもって一度終了するとの告知が入りました。

その時は確かに嫌な予感もしましたが
年末に特番するかも?という事もスタッフがコメントしていたこともあり
パーソナリティ2人の収録が大変なので一時休止にする程度に考えることにしましたが
今思えばこれが最初の前兆だったのかもしれません。

結果として年末に特番はされることなく
年明け1月6日に突然配信された最終回の翌日に運営側から正式にサービス終了の告知がされました。


1月9日現在。
ニコ生番組のパーソナリティを務めた相坂優歌さんは特にこの件に関してコメントはしておらず
公式ツイッターの告知ツイートをリツイートする程度で、
長妻樹里さんも公式ブログで最終回の配信告知をしていますがそれ以上の更新はされていません。
(※10日にブログが更新されました。)

しかしプリコネに登場するキャラ、虹村雪を声を担当した大空直美さんが告知当日に
サービス終了のお知らせを聞いて寂しいとコメントしたうえで

"自分大好き男の娘、虹村雪を演じられて、楽しかったです!
一緒にアストルムを旅してくれて、ありがとうございました…!"

とツイートしているのを見て、こちらまで寂しい気持ちになってきます…。


原則としてソーシャルゲームはサービスが終了すると何も残りません。
2年、3年と続いたサービスであれば関連グッズが出たり
ゲームで使用されたイラストが収録された画集が発売されたりと"物"が残りますが
そこまで辿りつけなかったゲームはどんなにいい部分があっても何も残りません。

課金した分を返せとはさすがに言いませんが
文化的な側面としてもアーカイブとして残すことも難しいソーシャルゲーム
サービスが終了してから1年、2年と経つにつれその存在も多くの元ユーザーから忘れ去られてしまうのかと思うと
やはり寂しいものがあります。

これはハードとカセット(ロム)を大事に保管しておけば
遊べる可能性のあるレトロゲームとは違う現代らしい大きな問題です。



アメーバ(アメーバスマホ)で配信されているソーシャルゲームでは
豪華声優陣と人気のメル氏のイラストという組み合わせが売りの
「スクールファンファーレ」というタイトルがサービス開始数ヶ月で運営が放置、
2ヶ月ほど経過してからサービス終了告知(数ヶ月の猶予期間あり)をするという企業として信じられない事があったばかりか、
「プリコネ」と同じくCygamesが関わる別タイトルのゲームで大きな問題が起こるなど
ここ最近になってソーシャルゲームに関するネガティブな話題が増えてきたように思います。

一時期はまさに乱発といえる状態だったソーシャルゲーム業界が適正値まで是正されていく過程なのか
それともバブル的な状態だった業界が静かに終わりへと近づいているのか。

どちらにせよネガティブな状況が続くと
ユーザーのサービスに対する不信感が増えて課金が鈍るようなことがあれば
それこそソーシャルゲーム業界にとってマイナスにしかならないような気がして心配事は増えるばかりです。

そろそろギャンブル性の高い運営から
少しは安心して楽しめるサービス運営が増えることを期待したいです。



・関連リンク
プリンセスコネクト! 公式サイト
 プリンセスコネクト!公式(@pri_connect_)さん | Twitter
 ゲームPV
プリンセスコネクト! - ニコニコチャンネル:ゲーム
 優歌と樹里のプリンセスチャンネル ~最終回~ - 2016/01/06 21:00開始 - ニコニコ生放送


大空直美 Twitter