読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイカツ!から「アイカツスターズ!」へ! データカードダスの進化を確認してみる。

f:id:kanro-neko:20160227195127j:plain


現在稼働中の「アイカツ! 2016シリーズ第3弾」では
オールアイドル、オールブランドを売りにしていることから
多くのアイカツ!ファンが予感していたように
3年以上続いた「アイカツ!」の集大成となり、
このたび新たな「アイカツスターズ!」が発表されました。

アイカツスターズ!」はこれまでと同じようにデータカードダス(DCD)と
TVアニメの両輪で展開するコンテンツとなりますが
今回はデータカードダス(DCD)についてチェックしてみます。

筐体(アイカツ!マシン)の全面リニューアル

まずはDCD筐体の刷新について。

まず新しくなる筐体を見てインパクトがあるのが大型の縦型ディスプレイです。
これは「アイカツ!」最大のライバル作品といえる「プリパラ」でも採用されていたもので
DCD筐体とプリパラが同じゲームセンター等で並んでいるとどうしても見劣りしてしまうために
どうしてもディスプレイの大型化は採用せざるを得ないポイントだったのでしょう。

また、「プリパラ」の最大の特徴の1つでもあるオンデマンド印刷を使った
その場でカードにオリジナルの絵柄を印刷できるシステムも採用。

この2点は特にプリパラを強く意識したものとも考えられます。

ただしプレーヤーを映すカメラ撮影機能は搭載されていません。
印刷したカードが切り離せるスナップオフも特に記載がないので採用されていないようです。

プリパラの筐体よりも先を見据えたポイントとしてゃ
大型ディスプレイの下にタッチパネル対応ディスプレイを別に搭載しているところでしょうか。

これは重大の3つのボタンに加えてライブ中に使用するもので
現在公開されている情報によるとスペシャルアピールの時に使うのがメインのようですが
従来の筐体では面倒だった文字や生年月日などの入力作業や
マイキャラのカスタマイズがより直感的、短時間に行えるなどのメリットも考えられます。

メインターゲットである今の子供達はタッチパネルに慣れているので
操作に困るといったことも少ないでしょう。


新しいアイカツ!カードと今までのアイカツ!カード

「芸能人はカードが命」のキャッチコピーの
アイカツ!」での必須アイテム「アイカツ!カード」もリニューアルされます。

アイカツ!カードは従来の裏面に印刷されたバーコード方式から
より大容量の情報が書き込めるQRコードを表面に印刷したものへと変更されます。

ドレスそのものも自分でカスタマイズ出来るようになっており
さらに直前のステージで撮影したシーンを使った
オリジナルのアイカツ!カードをオンデマンド印刷によって作成することが可能になりました。

ステージ撮影を利用したオリジナルカードは通常のアイカツ!カードの2倍のサイズがあるとのことで
プリチケに対するドリチケのようなイメージでしょうか。
どちらもQRコードが印刷されています。


従来の「アイカツ!カード」については
しっかりと後方互換性が確保されているのは嬉しいポイントです。

子どもたちが何年もかけて少しずつ集めたカードが
一瞬にして無駄にならないのは大人が考える以上に金銭的なもの以外でも非常に大事な部分であり、
そこをしっかりフォローしてあるのは安心しました。

アイカツ!カードと、従来のアイカツ!カードの違いはQRコードとバーコードだけなので
読み取り装置やソフトウェア自体は共有化も比較的容易で、対応コストが低いのもポイントなのでしょう。


学生証もより手軽に使えるように

DCD「アイカツ!」では自分のプレイデータを保存するには
専用のICカードを別途購入して用意する必要がありました。

設置場所によっては筐体の近くで購入することも可能ですが
スターライト学園のデザインのICカードが欲しい場合など
基本的にはおもちゃ屋などで自分で事前に購入しておく必要があるので
初めてプレイするときのハードルの1つになっていました。

DCD「アイカツスターズ!」ではこの問題を
筐体(アイカツ!マシン)でその場で作成することが可能になったことで解決。

ここでもオンデマンド印刷を活用して学生証にはマイキャラの名前も印字されます。
こちらもどうやらQRコードで管理されているようなので
従来のICカードで気をつける必要があった磁気による破損の心配がありません。

また、従来のICカードからの引き継ぎ特典も用意されるとのこと。
実質、スターライト学園から四ツ星学園への転校手続きですね・・・



こうしてみてみると時代遅れになっていたデータカードダスの筐体を刷新しつつ
ライバル「プリパラ」で人気の機能をキャッチアップしながら、タッチパネルを搭載するなど進化。
従来のアイカツ!で集めたカードとの互換性も確保するなど、
欠点を克服し、時代に合わせた正当な進化を果たしたようです。

実際にプレイしてみるまで最終的な評価は出来ませんが
データカードダスアイカツスターズ!」は比較的ポジティブに受け入れられそうな気がします。

稼働開始は5月です。



現在、DCD「アイカツスターズ!」では
「マイページで入学☆キャンペーン」を実施中。

期間中(2月27日~6月30日)にマイページに登録すると
第1弾プレイ時の経験値ボーナスが加算される他に
マイキャラ用のカスタマイズパーツ、
さらには(全部で100円が3枚ほど必要ですが…)ひめちゃんのスクールドレスが貰えるなど
なかなかのプレゼント特典が用意されているようです。

従来は「アイドルック」と呼んでいたものが
シンプルに「マイページ」になるようですが、今回からは登録にバンダイナムコIDが必要になっています。


大事なポイントとして、
「マイページ」で「アイドルック」と連携することにより
「アイドルック」のサービスが終了しても
これまでのデータが閲覧できる「アーカイブページ」が作られます。

そのため、今までアイカツ!を楽しんできたユーザーにとっては
とりあえず忘れないうちに事前登録だけはしておいた方が良さそうです。

・公式サイト
 データカードダス アイカツ!