読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KDDI vs.ドコモ 今年もやってきたコミケ対決と戦いの歴史。

f:id:kanro-neko:20140816031836p:plain


ケータイ、モバイル好きの間では「コミケ」と言えば
KDDIの田中社長に一番厳しいイベントと言わせるくらいに過酷な環境で
どこのキャリアがどれくらい快適に使えるか、
もしくは使えないかを試す絶好のイベントとしても有名。

さらには最近は各キャリアがこぞって移動基地局車(車載型基地局))や人間Wi-Fiなどと呼ばれる方法を用いて
イベント参加者へのアピールや通信環境の改善に積極的に取り組んでおり
まさにケータイ、モバイル好きが楽しめる日本最大級のイベントと言ってもいいくらいになっています。


そしてここ最近のコミケに対する取り組みとして注目を集めているのが
少し固いイメージのあった携帯キャリア側の人間がアニメのコスプレをしたり
さらには痛車ならぬ痛基地局を投入したりとコミケの雰囲気に合わせた取り組みです。

これまで痛基地局などは数回ほど実施されてきましたが
コミケ参加者などの反応を見る限り概ね交換をもって捉えられているようで
毎回続けていることからも分かるようにキャリア側としても一定の効果があると考えているようです。



KDDIが初めて痛移動基地局車が投入されたのが1年前の「コミックマーケット84」で、
その年の4月のエイプリルフールで「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」とコラボネタを披露した流れで
KDDI渾身の「俺妹」仕様の痛移動基地局車を投入。

貼り方としてはいわゆる冷蔵庫張りに近いようなもので
最近のかなりクオリティの高い個人の痛車には残念ながら及ばないものの
いわゆる萌え系の可愛いイラストが多数貼ってある光景は参加者に衝撃を与えました。
コミケ83」で出現した「人間Wi-Fi」も続けて投入されました。


そんな好評だったKDDIを放って置かなかったのが日本最大の携帯キャリア「NTTドコモ」です。

角川と共同で運営している「dアニメストア」などアニメとの繋がりが強くなっているドコモは
その利点を活かし、イベント開催前に公式ツイッターなどで「痛移動基地局車」の投入を予告。

塗装でもステッカーでもなく垂れ幕という仕様ながら
KDDIの独走を許さないドコモの一手目と考えるとすーぱーそに子仕様は悪くない挑戦でした。
もちろん当日はdアニメストアの宣伝されていました。

ドコモ版人間Wi-FiことWi-Fiサポーターも投入。

ドコモ、「すーぱーそに子」仕様の基地局車をコミケ85に投入 - ケータイ Watch


しかしこの分野では一歩先行しているKDDI
まだ参戦したばかりのドコモをさらに引き離す強力なネタを企画。

大人気作品進撃の巨人をテーマに移動基地局車を制作した上に
なんと前回は普通だった「人間Wi-Fi」部隊を
かなり完成度の高い「調査兵団」スタイルにコスプレさせるという「本気」を披露。

『つながらないを駆逐してやる!』を合言葉に大きな話題になりました。

KDDI、冬コミに「進撃の巨人」とコラボした“痛車”移動基地局を投入 - ITmedia Mobile

2014年夏、先行するKDDIは、コミケ開催を目前に控えた8月1日に同社のアニメ見放題サービス「アニメパス」繋がりで
TVアニメ「弱虫ペダル」のオープニングをKDDI社員で再現してみた動画を公開。

あまりの謎の完成度の高さと、逆に自転車のハンドルだけを持って走るシュールさが受けて
ネット上ではかなりの好反応を得たようです。

auアニメパス | アニメパスpresents コラボレーションムービー 「社員が本気で弱ペダOP再現してみた」詳細ページ

そして今回、8月15日から開催される「コミックマーケット86」ではどんな対決が待っているのか。

大好評の「弱虫ペダル」コラボ動画を披露したKDDIは、
コミケ直前となる8月12日そのまま弱虫ペダルの痛移動基地局車の投入をすることを告知。
今回もかなりのインパクトのある車両になっているようです。

ちなみにこの車両は、今年の夏から各地に投入されている
LTEで更なる高速通信が可能なキャリアアグリゲーション(CA)対応の最新版と思われます。

さらにコミケ85では調査兵団スタイルだった「人間Wi-Fi」はもちろん「弱虫ペダル」仕様に。
もちろんあの再現オープニングの格好のままの登場です。

新たな取組としては「人力スマホ充電器」なるものを設置。
これはケイデンス(回転数)計測機能を取り付けた自転車で、
なんと自分でペダルをこいでスマートフォンの充電が可能とのこと。

この過酷な暑さの中、そんな事をして大丈夫なのかとも思いますが
『充電という過酷なレースに是非チャレンジしてみてください。』とのことで
体力と体調に自信のある方はぜひ無理しない程度に挑戦してみてください。

あとKDDIは企業ブースとしても「アニメパス」として参加予定で
弱虫ペダル」限定グッズなども配布。
「コラボトランプ」や「描き下ろしポストカード」、
「コラボデザインの冷却材」なども用意されているそうです。

合言葉は『俺たちの電波を積んで走れ!』

今年の夏は「弱虫ペダル」!「コミックマーケット86」におけるエリア対策について~「アニメパス」ブースも登場~ | コンテンツ | au


さらなる引き離しにかかったKDDI
対するドコモは「dアニメストア」は好評ながら、
コミケ会場での戦いではこのままではKDDIに大きく引き離されてしまいかねない状況に
イベント開催前日となる14日に放送中のTVアニメRAIL WARS!仕様の痛移動基地局車の投入を発表。
前回の「そに子」と同じく横断幕を利用したものになるようです。

コミックマーケット86 | エリア | NTTドコモ

同社の強力なサービスである「dアニメストア」を活用し、(うたプリの)うちわ等の配布など展開ではあるものの
これでは前回のコミケ85の時とは基本的には変わっておらず
常に挑戦的な試みをしているKDDI陣営に勝つのは大変そうです。

ドコモ社内にもアニメ好きな人は多く居ることが予想されますので
ドコモの冬コミこそは一発逆転にも期待したいです。
あの大企業の中に潜んでいるアニメ好きのポテンシャルはこんなものじゃないはず。

ちなみに会場に投入する車両はクアッドバンドLTE対応車だそうです。


ここまで名前を出していませんでしたが
国内ケータイ3大キヤリアのもう1つ、ソフトバンクモバイルは今までにコミケらしい事はしていません。

今回のコミックマーケット86では災害時の利用などを想定して開発が進められている
「気球型のWi-Fi基地局」(車載係留気球Wi-Fiシステム)を持っていくそうなので、
その気球に何らかの人気アニメのイラスト等を貼り付けるくらいはやっても良かったんじゃないかなと思いますが
ソフトバンクとしては儲けにつながるわけでもありませんし今のところ興味無さそうなのが少し残念です。